スタッフBLOG

アーバンふれあい歯科の考え 海外研修 2016 ウィーン

17.06.15

2016年9月、ウィーンに社員研修で行ってきました。

当院は、インプラントに力を入れいる歯科医院です。院長は2年に一度、欧米のトップクラスの専門医を訪ね、オペの技術レベル、管理の方法などを見聞し、インプラント治療へのフィードバックを行っています。

今回は、世界レベルのオペレーター嶋田教授を中心としたチーム体制の確立と、意識向上のため、医院のスタッフと共に研修してきました。

訪問先は、オーストリア ウィーンの Dr. フィリップのオフィス。

 

IMG_0276 IMG_0281
とても立派な建物と広い敷地。 エントランスに飾られたスタッフの笑顔。
IMG_0304 IMG_0329
医療機器の見学 院内見学中
IMG_0413 IMG_0205
Dr. フィリップのレクチャー 真剣に聞き入る当院スタッフ

 

患者さんのことをとても大切にしている施設でした。

 

院内見学の後、インプラントのレクチャー。 当院のスタッフも真剣に受けていました!

 

そして海外研修から、早くも9ヶ月間が経ちました。

以前にも増してサービスへの意識が向上し、どうしたら更に高いレベルの治療を提供できるようなるだろうか? を日々、考えるようになりました。

そうした日々の努力の積み重ねから、研修先の海外の施設と様々な点を比較した上で、アーバンふれあい歯科の治療レベルに自信と誇りを持てるようになりました。

そしてまたいつか海外研修に行ける事を励みにして取り組んでいます!!